2007年8月1日から、露法事は新しい肩書きを与えられ、モスクワ弁護士連盟のエージェンシーになっています。

露法事のコンスタンチン・ニコライビッチSvitnev代表取締役は、Louise・Brown氏が世界初の体外授精児として生まれた1978年7月25日を記念にして7月25日の日を「(国際)生殖医療の日」にするよう提言しました。

露法事は「生殖補助医療技術と一般市民の生殖権の保障」という法案を作成。

すべてのニュース »

第4回国際会議・生殖補助技術の現在の問題: 問題とその解決 –“生殖補助技術の規制。ロシアと海外諸国にて

・ロシア全国セミナー「ロシアの国家アイデンティティと人口危機」: “生存権(生殖補助技術、代理出産と人口問題)

第1回「生殖医療」会議: 「代理母親業と他の生殖技術の法律局面」

すべての掲載記 »

「ロシイスカヤ・ガゼータ」新聞紙: “自ずからの子宮を掛けて

「ロシア」ラジオ放送局: “胎児期に養子にするか、硫酸させて殺すか?

「ロシア」ラジオ放送局: “代理出産。その法律と倫理上の局面

「デロヴぉイ・ぺテルブルぐ」: “代理母が法的に保護されている

「コムソモリスカヤ・プラウダ」:“「母親資本」は妊娠前に支払われるべきのだ!

詳細はこちら »

アクセス
モスクワ
+7 495 225 5595
ペテルブルグ
+ 7 812 448 2450
ウクライナの協力者
+38 044 390 7676
モスクワ弁護士連盟のエージェンシーになっています。
Rambler's Top100